今から転職活動を考えている人で、次までの仕事にまだ期間がある方・・

近いうちに転職活動をする人のなかで、次までの仕事に期間がある方…

  • これから転職される人で次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、忘れずに「失業手当」をもらっておいた方がお得です。これは今働いている会社でしっかり雇用保険を払っているところであれば、必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合で仕事を辞めた方は3か月の待機期間があるのですが、現在の企業の都合や残業時間によってはすぐもらえる場合があります。さらに支給される「失業手当」の金額については、会社で最後に働いた月の直近の給料がもとになって支給する額を計算されるので、企業に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、「繁忙期」後に辞めるのが無難です。
  • 働くのに派遣会社に登録する人が近頃増加しています。

  • 働くのに派遣会社に登録する人が近時増えています。労働の対価として派遣会社にいくら支払われ、そのうちどれだけが自分の報酬になるのかをなるたけ面接のときに聞いておくべきでしょう。派遣会社は、労働者を必要な会社に派遣してその見返りに、手数料を天引きする仕組みで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが少なくありません。5割以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、中には開示すらしないところも多く、ひどいものだと2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにすることもあるのです。なお、面接の際にきちんと答えてもらえないような会社は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、可能であれば異なる派遣業者のもとで登録されることを推奨します。
  • 今まで私は、「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に相談していました。

  • これまでは「転職サイト」を利用するより、いつも「ハローワーク」に通っていました。というのは、CMで有名な大手の転職サイトは、どうしても都心部での求人情報がメインになっているためです。そのため、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。やはり、求人募集をするいくらか知名度は低くなりますが、昔から地域ある企業が多く、探しやすい魅力があります。また、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と思われている人が少なくはないでしょう。思いがけず理想の企業もあるかもしれないのでもしも退職後の就職活動が不安な方は、お近くのハローワークへ行って相談するもの良いかもしれません。有名な転職サイトのようなたくさんの電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。
  • 私が勤め口を探していたころずいぶん多くの人材紹介会社に登録していのだが・・

  • 昔はかなり何社かの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職アドバイザーのレベルも色々あってその多くは物足らないと感じる人ばっかりでした。私にとっては、とても大切なことなのにもっと熱心に向かい合ってほしいという欲がいっぱいになって、その事がきっかけとなってキャリアカウンセラーを目指すことになりました。資格取得にはお金もかかりましたし勉強もかなりハードではありますが、仕事を探している方からあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえる人になるべく努力しています。
  • 転職希望者が受ける面接では、小規模業者であればおおよそは、そこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、…

  • 再就職のための採用面接では、零細企業クラスの場合そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、場合によっては、別の人が担当することになります。直接、今後共に仕事をする一番偉い人、というような課長や部長などが面接することも決して少なくありません。とくに営業系や事務系に再就職する場合は資格のみでは人の良し悪しを判断しづらいので自主的に自分自身を売り込んでいくことで好印象を与えられます。担当者から「この人はハッキリ自己アピールできるし、なかなかの戦力になりそう」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。
  • 新卒採用で入った会社にお別れをして、勇気を出して転職しました。

  • 新卒採用で入った会社にお別れをして、転職すると決めました。会社を辞める前は、非常に悩んだように思います。社会人となって数年あとに仕事を辞め、中途採用で働いている人がほとんどだということを私自身が会社を辞めたことで痛感し、無意識のうちに悩みが消えて、気持ちが楽になりました。1度、転職を経験したことによって不思議と肩の荷が下りたかのような気分になり、自分の好きな仕事を再確認できて毎日が見違えるように変化しました。いまだに「辞めずに続けることが普通」といったような意見も多々ありますが、それが正しいのかなと感じました。私は間違ってなかった、と思っています。
  • いい会社がいいと転職活動をするときの場合は「一刻もはやく…

  • もっと良い会社がいいと転職活動をしている場合は「ちょっとでも早く内定が欲しい」と思っているはずです。とはいえそれで通知を欲しいばかり、自身をより大きく見せたり、対称的に自分を安売りしてしまう言動は出来るだけしないでください。大事なのは焦る気持ちをグッとおしころして、冷静に客観的に考えながら自分の能力にあった職場を探すことに意識を向けましょう。これまでのキャリアを活かせるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める場所を賢く見極めていきましょう。