万一現職からの転職の決心を固めたなら、あくまで周囲の人…

一度あなたが、転業を意思を固めたのなら、徹底的に周・・

万が一あなたが、転身を決意したのなら、あくまで会社にはそれを告げないように、首尾よく活動を進め、現職中は可能な限り周囲に知られないように普通に業務をこなすのがたいへん合理的です。働いている間、その姿勢を保っていれば、最悪の場合転職先探しに見付けることができなくても、転職を延長しながら、今の職をそのまま継続しても簡単にできます。そうではなくて、つい口にしてしまったら周囲はそれに合わせて応対します。さらに「辞めるつもりです」と言った場合、会社内では「あの人はもうじき転職する」と広まります。しかしもしも、転職したい思いが薄れ、「やっぱナシで」となっても、周りの人間には、「一度は辞めようとした人」といった目であなたを見るので、仕事を続けている間、立場が悪くなる思いををする可能性が高いです。

看護師|昨日新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に足を運びました。

先週新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に行きました。そのとき登録するときのカウンセリングを行うために出てきた担当の人の雰囲気が見たところ入社間もない新入社員で、こちら側が説明していることの5割もわかっていない様子。おまけに「キャリアデザインが物足りないですね」とか「自分の強みについてもっと考察することが大事です」等、私のことをすべて理解しているかのように横柄に話すのでとっても不愉快でした。カウンセリングを担当する人はある程度能力のある社員に、してほしいものです。

看護師|転職というものを考えるとき、転職後の自分の給料について気にする・・

転職について考えた場合、そこでの給与について気にしすぎる人が意外と多いものです。とうぜん多くの方は仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給料として手に入れるために励むとは思います。だから自分の仕事に対する評価という見方もできますから、とうぜん大切と感じるのは当然ではあります。それにしても年収というものばかりを気にかけすぎる人生というのもさみしい気がするでしょう。それより収入に直結しない仕事であってもやりがいを感じられることが多々あるからです。

看護師|再就職の際に絶対に書かないといけない履歴書や職務経歴書に関してです…

再就職する時に絶対に必要となってくる履歴書などに関しては、ほとんどは手書きではなく、パソコンを活用して作るのが当たり前です。現在の日本においては履歴書についてはパソコンによるものではなく手書きで準備するというのが一般的だと思われている面もありますけど、それは新卒時の人たちの就職活動やアルバイトやパートの際に用意する履歴書であって、実際には、転職をする時については100%パソコンで書いたものは駄目と断言はできません。手書きを高く評価する会社もありますけど、違うところがだんだん増えてきますから、パソコンで書かれた履歴書でも良いとする会社は意外にも大量にあるのです。

看護師|自分のスキルが有利にはたらくように転職する場合は、比較的、転職がしやすいジャンル・・

自分のスキルを活用しながら転職活動する際は、比較的、転職がしやすいジャンルとしづらい業種を知っておいてください。転職が容易な業界としては、たえず人材が不足している「医療・介護」がとても有名ですね。医療や介護の業種では看護師や介護士資格が必要であるため、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。現在、看護師や介護士として勤務している人が、仕事のきつさから、他の業界へ再就職したいと思っているのなら、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、スタッフの流動性は決して高くはないのです。そのため、容易に考えないことが大切です。再就職をされるのであれば、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界のような売り手市場ではないと覚悟しておいたほうがよさそうです。

転職活動を行うときに、まず会社を辞めてからといった方法もあります…

転職活動を行うときに、今の会社を辞職してからと考える人もいるようですが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときにはボーナスが入る時期を気にかけておきましょう。ボーナスが出る企業はたくさんありますけど、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが入る時がもうちょっとならば、ボーナスが振り込まれた後で辞める意向を伝えるという考えも悪くないです。ボーナスはそれなりに多くの額が入るはずなので、もらわないのはもったいないとも言えるでしょうから、退職をする際には会社がいつボーナスを支給するかについてまず第一に確かめておくとボーナスをもらい損ねないと思います。

失業した際にもらえる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが・・

失業者が受け取れる失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが、給付される期間が決まっています。失業時までに働いていた期間によって変わり、90日だったり120日だったりするのですが、驚くことにこの現実を理解していない人がいます。失業を続ける限りもらえると勘違いして失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り焦りながら仕事を探してもロクなところが見つからない可能性が高い。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたか位はそこそこ察しがつくでしょう。相手によっては、面接官から失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、採用は極めて難しくなります。