クールビズ(軽装)で再就職の面接に臨む際には、ジャケットはさすが…

看護師|クールビズをして再就職の面接場に出向くときには、やっぱりジャケットま・・

クールビズ(軽装)をして転職の面接にチャレンジするときには、やっぱりジャケットは着用しなくても良いと間違いなく言えるのですが、ネクタイだけは着用しておいたほうが悪い印象を与えることがありません。タイにおいてもなくても大丈夫だと認めている企業もある場合もあるにはあります。ですが、ことネクタイに関してはクールビズだろうと身だしなみとしてすべきだと思っているところがいくつかは存在します。という訳で、クールビズと言われていたとしてもネクタイだけはつけて面接した方が安全であるということをお知らせしておきます。

看護師|最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」や…

今日はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、「ヘッドハンティング」を専門に取り仕切る会社も増えています。「特許」を出した人などは、ヘッドハンティングされやすくなります。彼らは、特許を出願した人に限らず、「研究開発論文」を発表した人や、雑誌で紹介された人など、「業績」を残した人を対象に、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティング用のネタにしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングと思われる誘いを受けた際には、そうなったキッカケを思い出してみましょう。ここ最近は、ヘッドハンディングを装って、登録料を要求してくる業者もあるらしいですが、その手の業者はおそらくはイカサマなので、注意しましょう。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者がお金を出すことはまずありません。

求人についての情報誌やサイトを見てみると、とうぜんたいていの株式会社…

求人についての情報誌やサイトを見てみると、普通の株式会社では月にもらえるお金がしっかりと記載されていますよね。ただしこの月収の項目を見る時には、深く確認する事が必要です。値だけで判断してはいけません。そのわけはもしかすると、月収の金額の中身に「毎月10時間の残業」を含んでいるかもしれません。つまり残業代の金額を入れて金額を多く見せ、応募者を増やそうとすることも珍しくありません。さらに「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる企業もあったります。そういうわけで、こうして「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には近づかないほうが良いでしょう。

看護師|現在の自身の仕事や職場に関して、何かしらの不満点があるはずです。

今の自身の職場や業務に対する何かしらの不満を感じることがあるはずです。「自身の持っている能力(スキル)を適正に評価してもらえない」ゆえに、「月給は増えないし、将来的なレベルアップもまったく期待できない」といった内容が多くを占めると思います。でも、気持ちは理解できます。しかし、上記のような不満を持っている人のなかには自身の手腕を過大評価し過ぎていないか、改めて確認することが大切です。仮に、そのような人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの企業や職種にはない」と転職するまでに長い時間がかかるおそれがあります。という事態を招く可能性があります。そういうわけで転職活動で良い成果を出すためにも、あなた自身のスキルや能力を客観的に見つめることから始めてみましょう。

看護師|そのうち転職活動を予定しているのなら、現状の業務や・・

今から転職することを考えているのなら、現状の業務や業務の何に不満があるのかを明確にしておいた方が良いです。気に入らない点があるから転職したい、と考えるのは分かります。でも「しっかりと現状の職場・業務の問題な点を挙げる」ことを多くの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そのあと、仮に転職した場合、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確にイメージしてみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職後のモチベーションの低下を抑えることは可能です。

ここ最近の企業の労働背景が大きく変わったことに当たって、社会人の中・・

現代の会社や企業の労働環境の激しい変移をに関して、若年層が特にチェックし、気にかけているようです。大方、「将来的なキャリアアップ」を見据えようとしているのでしょう。こういった背景からサラリーマン・労働者の労働力の「流動化」が活性化しているので、さらに今後、世代に関わらず転職への注目が強くなっていくのだと思われます。このような状況下の中、転職はますます身近となるのは間違いありません。「終身雇用制度」が普通に存在した頃には、「会社を辞めて転職」には良くないイメージがつき事実、転職が難しい時代でもありました。しかし社会的な変化とともに今現在の会社だけに執着する必要が薄れてきています。

転職時、とても重要となるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。

転職時、かなり要となるのがまぎれもなく「面接」になります。普通一般的な面接の際は、面接担当者が応募者に対して転職に至った理由や仕事の意気込みなど色々なことを質問されると思います。そして必ず、一通りの質問が終わると、次は、転職希望をする人からの逆質問に切り替わるのが普通です。面接担当の方から「弊社で働くことについて何か質問しておきたいことはありませんか?」と聞いてくれるわけです。この手の質問が来たときは、面接者本人が気持ちの準備ができず、慌ててしまうこともあるかもしれません。後で後悔しないためにも、面接の前には面接官からの質問に対し、聞きたいことを整理しておくのもいいかもしれません。実際に働く前の段階で、いくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。