キャリアップしたいと思い割と多くの人材紹介会社に登録していたのです…

自らが勤め口を探していたころ何社かの人材紹介会社に登録していました。

自分が転職を考えていた時期にかなり何社かの人材紹介会社に登録していのだが、その際に特に思ったのは転職アドバイザーの質に関しても色々あってたいていの場合、いまいちなアドバイザーばっかり。私とっては大切なことなのにもっと誠意を込めて向き合ってほしいという気持ちがこみあげていてそれが理由で私はキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取得するためには出費も増えたし勉強面に関してもとてもヘビーでしたが、就職活動の際に頼みの綱とされるようなように頑張っています。

転職のための採用面接では、中堅企業クラスの場合、ほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、…

再就職のための面接では、中小企業であれば概ね「人事」が面接官ですが、別のケースもあります。例を挙げるとしたら、一緒に仕事をする部署の責任者、言い換えれば部長や課長などの管理職クラスが面接の場にいることも珍しくありません。その中でも事務職や営業職に転職する際は、資格による見極めが難しいですから、自信をもって自身をアピールしていくことが大事です。面接担当者たちから「この男は、きちんと自己主張できるし、それに頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大切です。

新卒で入社した会社を退職し、一歩踏み出して転職を決意しました。

新卒採用で入った会社を辞めて、転職に踏み切りました。実際にやめる前後は、かなり悩んでいましたが、ですが、会社をわずか数年で辞めて、中途採用の形式で働いている人が大半であると転職活動中に知り、自然と将来への不安が消えました。また転職をするとふしぎなことに肩の荷が下りる気持ちになり、「自分の好きなこと」を探すのことが毎日が見違えるように変化しました。やはり「最低でも5年働いた方が良い」というような転職に否定的な意見もありますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私のケースでは転職を決断して良かったです。

新しい企業につきたいと転職を希望する場合、「ほんのちょっとでもはや・・

いい企業の社員になりたいと転職活動をしている中の大半は、「ほんのちょっとでもはやく、内定をもらいたい」と考えてしまいがちです。ですが、その気持ちが強くて内定ほしさのばかり、自分のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、また対称的に安売りするような行動はゼッタイに止めておきましょう。焦る気持ちはグッとおしころして、落ちついてあなたに適した職場を探すことに集中しましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く選択してみましょう。

看護師|例えばあばたが、現職からの転身の決めたのであれば、周り…

仮に、とらばーゆの決心したなら、完全に社内の人には内密にその気持ちを悟られないように、活動していき、転職先が決定していないのなら、周りの人に知られないように淡々と振舞うのがたいへん無難です。転職先が決まっていない間、この点を意識しておけば、万一希望に沿う転職先を簡単に見付けることができなくても、転職の予定を引き伸ばしながら、現職にそのまま継続しても簡単にできます。そうではなくて、迂闊にも「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、周りの人は、その言葉に合わせた態度をとるようになります。そして「辞めるつもりです」と口にしたら、周囲からは「あの人はもうじき辞める」と広まります。そういった状況のあとで、転職したい思いが薄れ、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と釈明しても、会社内の人間は、「一度は辞めようとした人」とあなたを見て、身の置き所がないと感じるかもしれません。

昨日仕事を探すために人材紹介会社へと登録に行きました。

数日前転職の準備をしようと人材会社へと登録に向かいました。そこでカウンセリングの時に現れた担当の人が見たところ仕事の経験が少ない社員のようで、私が伝えたいことの半分も彼は理解できていない模様。さらに悪いことに「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「きちんと強みと弱みをはっきりさせておくべきでしょう」とか、ベテランのように横柄にしゃべるからとてもイライラしました。カウンセリングを担当する人はそこそこ能力のある人にしてほしいと思います。

看護師|転職というものを考えるとき、そこでの給与について気にしすぎる人が…

転職というものをする場合、そこでの自分の給料ばかりを気にする人は、そこそこ多くいるでしょう。大半の方は、仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給与として得るために仕事に打ち込んでいるとは思います。ですから年収の額は自分自身がどれほど評価してもらえているか、という側面もあるから、大切なことは否定できません。しかし、あまりに年収というものにとらわれすぎてしまう生き方というのも人生を損してしまう気がしませんか?それより年収にあまり反映されない仕事であっても精神的な充実を得られることがあるからです。