もしも転職を考えているなら、「資格」取得は考えておいて損はありません。

看護師|もしもあなたが転職される場合は、前もって資格を取得しておくことをお勧めします。

  • もしもあなたが将来、転職したいと考えているなら、転職前に資格を取得しておくことをお勧めします。また、仕事を続けているうちに、資格を取得するのがベストです。転職活動の際でそれを生かせることができるので、仕事を見つけやすくなります。こういった理由から、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においてのもっともよい時期といえます。あなたが将来を見据え、このあとに役立つ資格をとっておくと、現在の職を辞めた後も心残りなく仕事を探せます。さらに、資格を取得できれば面接で面接担当者に「即戦力」と好意的に捉えられ、今までより待遇も良くなる可能性があります。
  • 看護師|転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方…

  • 転職の際、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ覚えていてほしいポイントがいくつかあります。まずはじめに派遣社員に関しては、データの入力、その他雑用等をといった業務をイメージする人が多いとは思います。実は私も現在働いている企業に入るまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「電話対応が主な業務」と採用の際に説明を受けました。ところが、実際に入社してみると、「電話対応」だけでなく、辞めた正社員の穴埋め役を頼まれました。とくに特別な知識もなく、はじめの説明と大きな食い違いがあるので非常に困っています。今は、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。
  • ほとんどの場合大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた・・

  • 一般的に見て大きな会社は「定期採用」がメインです。ですから、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。おまけに、郊外~地方となると転職の確率はきびしくなります。しかしながら製造業の企業の場合においては、都市部でない地方の工業団地の近所に製造工場を構えていることがとても多いです。さらに、そういう工場は、事業拡大に伴って中途採用することも珍しくありません。そのチャンスを利用して転職するのも悪くないでしょう。地方の工場に転職したいと考えているなら、希望する会社についての下調べからはじめましょう。その会社のホームページを覗いて、求人予定がないか暇があれば確認してみてください。
  • 就職活動において、年収は極めて重要な要素です。

  • 就職活動において、年収は大変大事なポイントです。大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先の年収アップを狙うのはハッキリ言ってムダな努力です。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、一度は信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、遅かれ早かれウソはバレてしまうからです。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現職での年収は正直に申告し、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。ちなみに、現在の年収が300万円の人が転職して500万円となる可能性はないものと考えておくべきです。もし、現在の年収が430万円としたら、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが良いです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社した会社をその後、退職しなくてはいけなくなることもあるので、注意しましょう
  • 看護師|初めて失業保険を受ける際に、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える…

  • 生涯初の失業保険をもらうケースでは、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人が少なくありませんが、それは誤りです。本当は、きちんと就職活動をしなければならず、加えて、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。月ごとにスタッフに就職活動の状況を報告してきちんと就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。仮に、本気で就職活動に取り組んでいないと思われたり、月に一度の職員との面談に不参加なときは、アッサリと給付を一時停止したり、以降の給与資格をなくしかねないので、充分に注意しましょう。
  • 看護師|将来転職活動をするという時は、良いと思う求人(業界…

  • あなたが転職活動をしているなら、良いと思う求人(または業界)を見るたびに絶対「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで調べておくべきです。求人票や転職サイトの担当者からは業界に関するマイナス部分についてアドバイスはないものと思っていてください。インターネットで調べればネット検索ですぐに実態を知ることができます。そういう検索をしないまま、入社すると、あとで入ったことを後悔してしまうかもしれません。だいたい求人が出ていた理由が「業務内容が厳しく、入っても続かない」というケースが多くを占めるため、目に留まった業種について、納得するまで下調べをして応募するようにしましょう。
  • 看護師|いわゆるスマートフォンを使えばネットの世界では、今では…

  • 最近はPCで調べればインターネット上では、要するに「転職に関するサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらい点在しています。その多くのサイトから自分が求めている転職先を探すためにも、まずは情報を集めることが必要です。こんな転職サイトを上手く活用することで、スムーズな転職が実現します。頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される優良な「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。はじめは、本当に信用していいのかどうかを見極めることがポイントとなりますから他と比べつつ、厳しく確かめてみてください。