もしあなたが、現職からの転職の思い立ったのなら、周りの人間に…

看護師|例えば、現職からの転業を決意したのなら、社内の人間に…

  • もしも、転職の決心をしたのであれば、完全に一緒に働く人にはこっそりとバレないように、首尾よく転職活動を進め、転身先が決まっていない間は、可能ならば周りの人間に気づかれないように淡々と仕事をするのが無難です。働いている間、その状態をキープしていれば、もし仮に転職先探しにすぐに見つけられなくても、転職を延長しながら、現在の職をそれまで通りにし続けてもトラブルの心配がありません。そうではなくて、「転職するつもりでいる」と口にすると、周りはその言葉を受けた態度をします。そればかりでなく「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周囲からは「あの人は退職する人」と受け止められます。そのような状況になってから、転職したい思いが消えて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と心境が変わっても、周囲の人たちは、「一度は退職しようとした人」といった目であなたを見るので、肩身の狭い思いををするかもしれません。
  • 一昨日新しい仕事を見つけるために人材バンクへ登録をしに行きました。

  • 転職活動の一環として人材紹介会社へと登録に出向きました。そこで登録カウンセリングの時に出てきた担当者が見たところ会社に入って間もない社員のようで、私の説明の50%も彼は理解できていない模様。そのうえ「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを考えることが必要でしょう」とか、カウンセリングの専門家であるかのように横柄にのたまうから非常に不愉快でした。カウンセリングを担当させるのはある程度社会人を経験している人にしてほしいものです。
  • 看護師|転職について考えた場合、そこでの自身の給与を過剰に気にする人…

  • 転職というものを考える際、転職先での自身の給料を過剰に気にする人がわりと多いです。とうぜん大半の方は、仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。ですから生活費を給料として得るために励んでいるはずです。だから年収がどれだけかは自分自身がどのくらい評価してもらえるか、という面もありますから当然大切なものとして扱うのは無理もありません。それにしてもあまりに年収額ばかりをとらわれすぎてしまう人生というのも考えものです。収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な充実を得られることが普通に転がっているからです。
  • 看護師|再就職する際に絶対に書く履歴書などにおいてですが、原…

  • 転職の際に準備する必要のある履歴書においてですが、原則的には手書きではなく、パソコンで作成するというのが普通です。日本国内では履歴書についてはパソコンを使ったものではなく自筆で用意するのが当たり前だと考えられていることも多いですが、それは新卒の人たちの就職活動やアルバイトやパートの時であって、実際には、転職の時は必ず手書きでないといけないとはっきりとは言えません。自筆の履歴書の方を高く買う会社もありますけど、違うところが徐々に多くなってきているので、パソコンを用いて作成した履歴書や職務経歴書でもよろしい場合は意外にもかなりあるのです。
  • 今の自分のスキルや資格を有効活用しながら、再就職する場合は…

  • 自身のスキルや資格が有利にはたらくように転職をしていく場合、再就職がしやすい業界と、比較的、転職が難しい業界がある事を知っておいてください。転職の難易度が低めの業界では、たえず人手不足になっている「医療・介護」が最たる例です。医療・介護の分野では看護師および介護士資格が必要であるため、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。しかし、今「医療・介護」の仕事に従事していて、とある事情によって他の業界に再就職しようと思う場合は、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、スタッフの流動性は少なくなります。ですので、容易に考えない事が必要です。転職を本気で考えるのであれば、他の業種では医療や介護系の業界のような売り手市場ではないと覚悟しておいたほうがよさそうです。
  • 看護師|転職活動を行う際に、まず今の会社を退社してからという考えを持つ人もいます・・

  • 転職活動を行う際に、会社を辞めてからと思っている人もいるでしょうが、その場合には今度のボーナスの時期を事前に確認しておきましょう。ボーナスがもらえる会社はいくらでもありますが、ボーナスがあるのであれば、ボーナスが入る時期まで数か月しかないなら、ボーナスを手に入れてから辞めるという手も賢い方法です。ボーナスはそれなりに大きな額なので、もらい損ねたら損ということも考えることもできるでしょうから、会社を辞める決意をしたならいつ頃ボーナスが手に入るのかを一度確かめておくと賢い方法です。
  • 失業によって得られる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが・・

  • 失業した人が受け取れる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、給付される期間について規定があります。それまで働いていた期間に応じ、3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、なんとこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。永久にもらえると思い込んで「失業保険を受け取れる間は遊んでいよう」という人がいますが、給付の残りが1ヶ月という段階でようやく気づいてから慌てて仕事を探しても好条件の仕事を見つけるのは至難の業です。転職を希望する会社の面接担当も無能ではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」といったことくらいは大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。ヘタをすると、面接の時に失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、採用は極めて困難になります。