これから転職活動をするという時は、気になる求人(あるいは業…

看護師|これから転職活動をするという時は、良いと思える求人(または業種…

  • 将来転職活動をするという時は、気になる求人(もしくは業界)を見つけたときにきちんと「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票や転職エージェントからはまずその業界に関するマイナスにあたる箇所は、知ることができる確率は低いです。もしブラックな面があるならネット検索によってカンタンにすぐに本来の姿を理解できるでしょう。そういうチェックを怠りながら会社に入ると、あとになって後悔してしまうかもしれません。だいたいその求人募集が出ている理由が「内容がキツイから人が辞めて穴が開く」というケースも多くあります。気に入った案件や業種については、しっかりチェックしたうえで応募しましょう。
  • 今ではPCやスマホを使えばわかるけどネット上では、いわゆ・・

  • いわゆるパソコンやスマホを使えばわかるけどインターネットの世界では、今では「転職のためのサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらいあったりします。その多くのサイトから自分に合った転職先を見いだすにはとりあえず情報が大事ですから収集から始めましょう。サイトをうまく使うことで、効率的な転職が実現します。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む優良なサイトがある一方で、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。まずは、信用に足るサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから同ジャンルのサイトと比較しながらチェックしてみましょう。
  • 転職エージェントは大手に限って、潤沢な案件を抱えて・・

  • 大規模な転職エージェントは、様々な案件があるという強みがありますが、同時に転職を希望するライバルも大勢います。それゆえあなたが、気になる企業を見つけても、転職エージェントの担当スタッフが「転職が難しい」と判断すると応募してもらえないこともよくありますし、企業から見て自分よりも有能だと評価されるライバルがいると、そのライバルを優先して送り込む傾向があります。つまり大手の転職エージェントは、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱っておりとても難しいので、方針を変更して中小規模のエージェントに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できないか、と尋ねておくと転職希望者の利益を考えて動いてくれることもあるので、そのような活用法もあります。
  • 再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」のよう・・

  • 転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」など、都会から地方に移住した上で再就職したい、と思っている人が、近年増えています。今では求人情報サイトを活用すれば、郊外・地方の求人も手軽にアクセスできるようになりました。ですが、地方での求人に関しては、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが正直なところです。なので、求人サイトのみに執着するのも考えものです。転職サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもきちんとチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している転職サポートの有無も注視しておきましょう。
  • 看護師|人生はじめての転職をされるなら、頭に入れておかなければいけない・・

  • 人生初の転職を行う際、重要なのはなぜ現職を辞めなければいけないのかについて頭の中で整理しておくことだといえるでしょう。その理由こそが根本問題なので、考えておくのが無難でしょう。そして問題を解消できるであろう会社を決めていってください。卒業してからの転職活動は、新卒の就職活動とは大きく異なり、働きつつ、転職活動を続けるので、時間の管理をうまくやっていかなくてはなりませんし、メンタル的な強さや体力も求められます。だから問題の明確化ができていない状態で転職活動をした場合、途中で行き詰まってしまう可能性もあります。どうしても転職したい、現状を変えたいという強い気持ちがない場合は、転職活動のスタートを切ることは辞めておくのが賢明です。
  • 看護師|全くの初挑戦となる分野などに転業したいと考えている場合には・・

  • 未経験の業種などに転業をしようとするときには、前職で身についた能力や今までの経験を発揮することができるといった内容の自己主張が必要です。その分野で働いたことがない人はそれだけその業界で経験してきた人たちよりも事実、損にはなりますが、自分が保持している能力がそのジャンルでも十分に生かせるということを話せれば、勝負になる場合も出てきます。ですので、経験が全くないジャンルに挑む場合は、その業種と自分がこれまでやってきた職務とのつながりを見付けましょう。
  • 看護師|就職活動をする場合に特に注意すべき求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのに給料が高く…

  • 転職活動に特に注意すべき求人情報は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束される時間が長めのものです。このような募集の場合、給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースがよくあります。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、30時間・45時間という風に求人の内容に時間が書いてあります。毎月この程度の残業が想定されるので、最初から給料に残業代を組み込むというシステムになります。もしも『みなし残業代45時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料がもらえます」という求人になるわけです。けれども、悪質な求人では、告知しておくべき『みなし』を表記していないこともあるのでよく気を付けてください。