このところ私は派遣会社に登録をしています。

看護師|今、私は派遣の会社に入っています。

  • 派遣会社に入っています。ウェブサイトを見ていてなんとなく自分に合っていそうな仕事を見つけ応募しようとすると「そのお仕事はもう他の人でお話が進んでいます」と答えられ一時的にウェブサイト内からお仕事情報がなくなるのですが、なぜか次の日になれば再び載っています。それって結局私ではダメだってことですよね。そうであるならば初めから変に隠さない程度にはっきりと伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。あるいはまたひょっとして偽の仕事なのでしょうか?
  • 長期間接客関係で勤務していたのですが、加齢とともに立ち続ける仕事・・

  • 長い間接客関係で働き続けてきましたが、年齢を重ねるにつれ立ち続ける必要のある仕事は体力的に難しくなったため、座って仕事ができる事務の仕事へ転職することを目指して動き始めました。事務が未経験だとけっこう厳しくて、それなら接客経験も活かすことができる受付兼医療事務になりたいと思い資格も獲得し個人の病院に転職しました。周りは超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係においても難しい。夜間のシフトばっかり押し付けられて、接客の仕事をしていた時よりも帰る時間も遅いわけですが、とりあえずはキャリアを形成する時と割り切って頑張ります。
  • 看護師でありながらほかの職業に転職を決断する原因は…

  • それ以外の職に転職を決断する理由は、人によって違うはずです。ちょっとみると看護師が他の職業への転職するには「職場環境に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚することで家事のことがいろいろとあって子育て加えて家族の介護など、仕事環境の変化など、これまでと同じような働き方ができなくなった」「現在の給与とキャリアとのバランスに不満を感じている」など多種多様の理由があり決して他人ごとではないはずです。でも、転職前に、どうして転職をしたいとと、ゆっくりじっくりと再度、現状認識をしてみることも重要です。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考し、決断してみましょう。
  • あたらしい職場でそれまでに培われてきたスキル・キャリア生かせれば・・

  • 新たな職場で自身の過去の実力を活用できれば、即戦力として仕事をすることができ早々に仕事場にも馴染めるし、会社サイドも、そういった即戦力となる人材は常に必要なので、雇い主側が判断しても即戦力となる転職はわけなく採用されるでしょう。更にかつての仕事内容と近い仕事なら転職はかなり楽になるでしょう。ですが、そこそこ実力があるといっても一流企業の事務職系や公務員といったジャンルは、時代に関係なく、中々の難関になる可能性が高いと見ておきましょう。
  • 転職の際に欠かせない採用面接での多数のひとが思い違いをしているので…

  • 転職の際に必須となる面接でのしてはいけないのは良い印象を与えたいと必要以上に猫かぶりすることは、正直に言って悪い結果を招くおそれがあります。ですから、その場を繕うのではなく面接の際は「報酬」といったような、普通はかなり質問しづらい内容を勇気を出し聞いておくと最終的に絶対に自身のためにもなります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そんな無神経なそういった内容を無神経に尋ねることで面接で響くのではないか」と気にする人もいるかもしれません。だけども、意外なことに、面接官に良い印象を持ってもらえる直結するといいます。このようなお金・労働環境に関する内容は、実のところ、多くの人が知りたい内容なはずです。しかし、面接結果に影響するのを恐れ、不採用を恐れて質問できないのが普通です。けれど、あなたが一歩踏み込む勇気があれば「言うことはちゃんと言える人だな」と面接官の記憶に残る可能性が高くなります。
  • ある古物商の会社で書類審査に合格しました。その後担当者から、面接日時を教えてもらいました。

  • ある古物商の会社で書類選考をパスし、面接の日時について先方から連絡をもらい、しかしながら、当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、なぜなのか相手が面接準備を全くしていないことがわかりました。所長らしい男性が面接中も半ば聞きというか、始終たいへんにけだるい表情を見せ、ひとまず面接を終えました。だが、予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、ガマンできなくなり、自ら問い合わせると、「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、結局届かず、仕方なくふたたび、問い合わせたところ、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用です」、と有無を言わせずに電話を切られてしまったのです。あまりのことにしばらく絶句してしまったのですが、素直に、採用されなくて良かったと痛感しています。
  • これから転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合は・・

  • 転職される人で次までの仕事にまだ期間がある方は必ず「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これは会社できちんと「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば誰でも失業手当を受け取れます。また、手続きについては「ハローワーク」で行います。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、現在の企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐに受け取れることもあります。このときの、支給される失業手当の金額は辞めた月の近々の給料をもとに計算されるため、勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、「繁忙期」後に辞めるのが無難です。