ある古物商の社員募集にて、書類審査に受かったので、担当者から面接の日時を指定してもらいました。

ある古物商の人員募集にて、書類選考をパスしました。2、3日して…

とある古物商の会社で、書類選考に受かりました。2、3日して相手方から面接の日時を指定してもらいました。しかしながら、当日、時間通りに行ってみると、全く面接が予定されていませんでした。しばらく待って、所長らしき人物が面接担当をしてくれましたが、始終だらしのない態度で迎えられ、なんとか面接が終了しました。ですが、予定日を過ぎているのに、採用結果もまったく告げられず、もう待ちきれなくなり、自ら問い合わせると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、私の手に届くことはありませんでした。仕方なく再度問い合わせると、「残念ですが不採用とします」、と一方的に電話を切られました。呆れ返ってしまいましたが、とりあえず採用されなくて良かったと感じています。

今から転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、…

今から転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうならぜひ「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これは現在の企業側がきちんと「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすれば誰でも失業手当を受け取ることができます。手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、状況によっては会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちにもらえる場合があります。なお、受け取れる「失業手当」の金額は、会社の仕事を辞めた月の近々の給料を基準にして失業手当の金額を計算するので働いている会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

派遣会社に登録し、働く人が現在多くなってきています。

派遣社員として仕事をする人が現在増加しています。派遣社員として働くつもりなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、そのうちの何割があなたに入るのかを極力面接の際に質問しておいた方がいいでしょう。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その見返りに手数料を徴収する形を取っています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースがかなりあります。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということができますが、開示をしない派遣業者が多く、ときには、8割も自身の懐に入れ、2割しか労働者に還元しない場合も多いといえます。なお、面接のときに答えてもらえないような会社は、隠ぺい体質である場合が多いので、違う派遣業者を利用されることを推奨します。

これまで私は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を優先していました。

今までの私は、「転職サイト」に頼るより「ハローワーク」で探していました。というのも規模の大きな「転職サイト」は、やはり都心部にある会社の求人ばかりだからです。これまでの転職活動をする時は、「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、人気の転職サイトに掲載されている求人より多少知名度は低くなってしまいますが、昔から地域に寄り添った企業が多く、自分に適した職が探しやすくなります。また、「ハローワークを利用したことがないから不安」と感じている人も多いとは思います。でも、転職サイトにはない求人があるかもしれないので、勤めている会社を辞めたい場合は、参考までにハローワークへ1度行ってみるのも手です。「転職サイト」を利用した時みたいなこれでもかというくらいの電話やメールもありません。

看護師|自らが仕事を探していた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していました。

仕事を探していた時期にかなり何個かの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーの質が本当に色々あってほとんどはいまいちな人ばかり。こちらは人生がの大事な事なのにもっと一生懸命に臨んでほしいという考えが積もり積もってしまいました。それが引き金となり自分がキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取得するためには支出が増えました。また勉強面もとてもハードではありますが、求職者から信用してもらえるキャリアカウンセラーになるべく努力しています。

再就職のための面接では、規模の小さい企業クラスの・・

再就職をする時に受ける面接では、小規模業者だったらおおよそは「人事」が面接担当ですが、場合によっては違うこともあるようです。実際、今後一緒に仕事をする現場の責任者、要するに課長や部長などが面接担当になる可能性もあります。とりわけ営業職や事務職といったジャンルでは、資格での人の判断をするのが難しいですから、やはり自分自身を売り込んでいくことが必要であります。面接担当から「この候補者は、堂々と自己アピールしてるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、自分という人間を印象付けることが大事になります。

新卒採用で入った会社にさよならをして転職に踏み切りました。

新卒で入社した会社を去り、転職を決意しました。実際に退職する前後は、1人で悩んだように思います。でも、会社をわずか数年で辞めて、中途採用で働いている人が大多数だと転職活動中に学び、いつの間にか将来の不安が解消していきました。なにより1度、転職したことでなんだか肩の荷が下りたかのような気分になり、自分の好きな仕事を再確認できて喜びになっていきました。いまだ「一通り経験してから」という転職を好ましく思わない意見もありますが、それが正しいとは限らないと思いました。私のケースでは転職してみるも大事だと思いました。