あなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」におい…

もしもあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」におい…

もしあなたが再就職をするとき、「Uターン」「Iターン」にて大都会から地方に移住しつつ、転職したいと希望する人、実践する人が増えています。ネット社会の今では求人情報サイトの地域指定をするだけで、郊外や地方の求人も手軽に知ることができますが、ただ残念なことに、郊外や地方での求人情報では、大都会ような選択肢がないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。そのため、求人情報サイトを活用するのは当然ですが、求人サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもきちんとチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している就業サポートの有無も見逃さないようにしましょう。

看護師|最初に転職を行う場合、気を付けなければいけないのは現職を辞めたい理由・・

生まれてはじめて転職をするにあたって、気を付けるべきことはなぜ現職を辞める必要があるのかについてクリアにしておくことだと考えられます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておいた方がいいでしょう。問題を解消できる会社を選択するのです。転職活動は、学生時の就職活動とは違って、今の仕事を続けながら就職活動続けなくてはならないことから、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。したがって理由を明確にせず転職活動を行えば、途中で行き詰まってしまうおそれがあります。何としても転職したい、現状に変化を加えたいという熱い気持ちがない場合は、転職活動を行うのは保留にしておいた方が良いです。

全くの初挑戦となる業種などに転職したい時には、前の会社・・

全く経験したことがない分野などに転身する際には、以前の会社で身についた能力や今までやってきたことを生かすことができるという内容の自己アピールが必要になります。経験をしたことのない業種の場合、未経験の分そのジャンルで働いたことがある人よりも正直、不公平な状態になりますが、自らが保持している力がその分野でも生きるということをうまく相手に言えば、戦うことができることも多くあります。したがって、経験のない分野に挑むときには、その業界と自分がこれまでやってきた仕事との関連を可能な限り考えましょう。

就職活動するときに特に注意が必要な求人の募集内容は、…

転職のため職探しをする場合に気を付けたほうがよい求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高く、拘束される時間が長いものです。こういった募集内容では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合が多いのです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間、45時間といった感じで求人の記載内容に時間が書いてあります。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、あらかじめ給料形態に残業代を組み込んで計算しておくという仕組みです。(違法ではありません)『みなし残業代35時間込』と表記されていれば、「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、この給料がもらえます」という話になります。しかし、悪質な求人には記載しておくべき『みなし』を記載していない可能性もあるので要注意です。

これから、労働力という観点においてぐっと短絡的な仕事…

近い将来、私たちの労働環境において徐々に簡単な仕事は機械化が進歩していき結果として、そういう仕事をする労働力はどうしても減っていきます。というのも、短絡的な労働は人間が作業するよりも機械で進めたほうが比べられないほど作業量をこなせるからです。数量を計測したり、同一の動作を延々と繰り返すことは、機械には何も不自由もありません。当たり前のことながら人と違って泣き言も言わず、疲れることがありません。また、横着をすることもないし、正確な作業ですし、均一だし、さらには、給与が発生しないのも大きな違いといえます。労働力として人間を使う意味が到底なさすぎます。ですから機械化が当然といえます。

看護師|転職活動をしている際に、面接で「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。

転職活動をやっていると、面接において絶対に質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機については、率直に話してもOKですが、これとは異なり転職理由について正直に伝えるのはよくありません。例をあげれば待遇に納得できないことや、上司と相性が悪いことなど、面接担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。おそらく、自分の得にならないことをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、転職先の企業の多くは、そういったマイナス箇所に関心を持っているため、かなり慎重に質問してきます。現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の仕事の内容以外には、触れないように心がけることです。そしてさらに、この会社に入ってこんなことを実現したい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、巧妙に話をすり替えましょう。

転職先で会社見学などがあるとたいへん参考になります。

転職しようと考えている会社の会社見学ができれば、すごく勉強になります。特に、技術を必要とされる業種なら、職人技を近い距離で見られるので気持ちが高ぶります。しかし、残念ながら「職人」がいる会社見学は、見学者にはたいていの場合、いつも通りの働き方を見せないのが特徴です。その最たるものが、ブルーワーカーなどの業種です。このジャンルでは、独自の感覚を持つ人が多いので入社するまで本来の働き方が出ません。なので、会社見学で見たものをすべてだと思わないことがとても良いです。さらに、会社見学時に仕事体験ができる会社は倫理的にアウトですから言語道断といえます。雇用契約を結んでいない段階ではもしトラブルが発生してもそれに対する保障など一切ありません。進められてもやんわりと断ることが大事です。