「就職エージェント」の大手ほど、潤沢な案件があるという魅力がありますが、…

看護師|大規模な転職エージェントは、いろんな案件を取り扱って…

「就職エージェント」の大手ほど、豊富な案件を抱えているという強みがありますが、一方、転職希望登録者も多いです。そのせいか応募希望の会社があっても、転職エージェントの担当者が見込みが少ないと判断すれば応募してくれないことも多々ありますし、あなた以上に転職の可能性が高いライバルがいたら、そちらの人を優先することもあります。大手の転職エージェントは、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱い大変難しいので、考えを変えてもっと規模が小さいエージェントに対し、候補としてる会社や案件を伝えてみて、応募できないか相談すると転職希望者の利益を考えて行動してくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも良いかもしれません。

仮にあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において…

もしもあなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、都会から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と興味を持つ人が増える中、実行に移している人もたくさんいます。ここ最近は転職サイトを使用することで地方や郊外での求人情報にも簡単にアクセスできます。残念ながら地方での求人情報では、どうしても選択肢が限られてくるので、それがマイナスといえます。ですから、求人サイトのみに執着するのも考えものです。転職サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもまめにチェックしておくことをお勧めします。そうした機関の就業サポートの関連情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。

生まれてはじめて転職を行う場合、注意しなければいけないの・・

初めて転職をするとき、気を付けるべきことはなぜ現在の仕事を辞めなければいけないのかについて明確にしておくことだと断言できます。その理由こそが根本問題なので、考えておくのが無難でしょう。そして問題改善が見込める企業を決めることになります。卒業してからの転職活動は、在学中の就職活動とは異なり、現在の仕事と並行して就職活動をやっていくので、時間と体力が必要でしょう。そのため明確な理由がないまま転職を試みた場合、途中で息切れしてしまう場合があります。是が非でも転職したい、現状を変えたいという強烈な気持ちがなければ、転職活動を開始するのは辞めておくのが賢明です。

全くの初挑戦の分野などに転身する際には、前の会社で、自分・・

今まで経験したことのない業界とかに転身するときには、以前の会社で身についた力やこれまでやってきたことを生かすことができるという内容の自己アピールが必要です。働いたことのない業界の場合、経験していない分だけその業界を経験している人よりも損にはなりますが、自らが保持している能力がその業界でも発揮できるということをうまく相手に話すことができれば、戦うことができることもあり得ます。それゆえに、経験が全然ない業界に挑む場合は、その分野とこれまで自分が働いてきた仕事との関連をできる限り発見しましょう。

転職活動する場合に注意すべき募集内容は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料がよく・・

転職するため職探しをする場合に注意すべき求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高く、拘束される時間が長めというものです。こういった求人内容は、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれているケースが多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、30時間や45時間というように求人の記載内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、給料形態に残業代を組み込んで計算しておく、といったものです。もしも求人に『みなし残業代45時間込』と表記されていれば、「記載時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料になります」という求人になります。ですが、悪質なブラック系の求人では告知しておくべき『みなし』という言葉自体がないこともあるので気をつけておきましょう。

看護師|私たちの社会的環境において、近い将来ますます思考を必要としない労…

将来、労働力という観点において着実に短絡的な労働は機械で処理されるようになっていき、必要な人員はどう考えても削減させられてしまいます。その理由は、簡単な作業という観点では人より機械のほうが数段に作業量をこなせるからです。例えば、数をカウントしたり、同一の動作を延々と繰り返すことは、機械にとっては何も不自由もありません。当たり前のことながら人間とは違って愚痴も言わない、疲れることもないし、誤魔化すこともないし、正確だし均一だし、ヒトとは違い、給与を渡す必要もありません。ですので、労働力として人を使う理由が無いことが明白で、機械化の流れは無理はありません。

転職活動をやっていると、面接において「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。

転職活動をしていれば、面接で高い確率で聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機に限っては、正直に話しても問題ありませんが、転職理由についてストレートに話すのは問題です。例をあげれば報酬に対する不満、上司や同僚との人間関係など聞き手があなたに良い印象を持ってくれる可能性は少ないです。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持ちやすいので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対抗して現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。それにプラスして、この会社に入社してこんなことを実現したい、「5年後にはこうなっているだろう」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような志望動機にすり替えてしまうのです。