「就職エージェント」の大手ほど、様々な案件がある反面・・

広告
リメイク 制服

大規模な転職エージェントほど、様々な案件を扱っている…

  • 大規模な転職エージェントほど、いろんな案件を取り扱っているという長所があるといえますが、それと同時に転職希望のライバルも多くなる、というデメリットも存在します。そのせいかあなたが、気になる案件を探し出したとしても、転職エージェントのスタッフ側が「転職するのがむずかしい」と判断すると応募してくれないこともザラですし、あなたよりも入社の見込みがあるライバルがいれば、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。大手転職エージェントの運営元は、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱い大変難しいので、考えを変えて中小規模のエージェントに対し、希望している企業・案件を伝え、応募できませんか?と相談すると転職希望者の利益を考えて動いてくれることもあるので、そういった活用も良いかもしれません。
  • 看護師|もしあなたが転職をするとき、U・J・Iターンで大都会から地方へと移り住んだうえで再就職してみた…

  • あなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」など、大都会から地方に移住しつつ、転職したいと検討している人、実践している人が増えています。この頃は転職サイトを用いれば、国内のあらゆる場所の求人情報にもいつでもアクセスできます。ですが、地方や郊外での求人情報では、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが痛いところでもあります。したがって求人情報サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。求人情報サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもマメにチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している就業サポートに関する情報も見逃さないようにしましょう。
  • 初めて転職を行う場合、注意しなければいけないのはなぜ今の仕事を辞めたいかについ・・

  • 人生初の転職を行うのであれば、注意しなければいけないのはどうして現在の仕事を去るのかをクリアにしておくことだと考えられます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきです。問題を改善してくれそうな企業を選ぶのです。卒業してからの転職活動は、学生時の就職活動とは違って、今の仕事を行いながら転職活動をすることから、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。それゆえ理由がはっきりとわからないまま転職活動をしてしまうと、途中で行き詰まってしまう危険があります。どんな方法を使ってでも転職したい、現状を変えたいという強固な気持ちがなければ、転職活動の開始はやめておくべきだと思えます。
  • 看護師|これまで経験したことがない分野などに転身を行う際は…

  • 全く経験したことのない業種とかに転業したいと考えているときには、自分が前職で身についた能力やこれまでの経験を発揮することができるという内容のアピールが必要になります。経験をしたことのない業種の場合、未経験の分だけその業界の経験者よりも正直、不公平な状態になりますが、自らが保持しているスキルがそこでも十分に生きるということをしっかりと相手に話すことができれば、戦えることも多々出てきます。なので、経験したことがない業界に飛び込む場合は、その業界と自分がこれまでやってきた職務との関係性を探しましょう。
  • 看護師|転職活動をする際に特に注意したほうがよい求人内容は…

  • 就職するため職探しをするときに特に注意したほうがよい求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事なのに給料が高めで、拘束される時間が長いものです。このような求人内容は、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれているケースがとても多いです。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、30時間、45時間というように(時間は例えです)求人の記載内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、最初から給料に残業代を組み込んで計算しておく、といった仕組みになります。(なお、これは違法ではありません)もし『みなし残業代25時間込』と書いてあれば「記載時間分の残業代を入れれば、これだけの給料がもらえます」という話になるわけです。けれども、悪質な求人情報では『みなし』という言葉が可能性もあるのでよく注意をしておきましょう。
  • 私たちの社会的環境において、この先着々とシンプルな仕…

  • 将来的に、社会ではどんどん簡単な仕事は機械に変更されていきその結果、必要な人手はどう考えても削減されます。なぜなら思考を必要としない作業は人の手を借りるよりも機械のほうが数段に作業量をこなせるからです。例えば、数をカウントしたり、同じ手順を反復したりすることは機械なら何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って愚痴も言わない、疲れ知らず、ずるもしない、正確だし均一化できる強みもあります。おまけに人と違って給料も発生しないのです。このような観点から労働力として人を使う理由が到底なさすぎます。ですから機械にシフトされるもの自然の流れなのです。
  • 看護師|転職のための活動を行っていて面接のときに例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動で面接において絶対に尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機については、思っていることをそのまま話しても問題ありませんが、これとは異なり転職理由について率直に話すのは得策ではありません。収入に関する不満、人間関係に関する問題など、面接官に悪いイメージを与えやすいものです。自分の得にならないことをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しがちなので、慎重に質問してくると考えておくべきです。これに対抗して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。そして、この企業に入ってこんなことを実現したい、「5年先はこういったことをしているだろう」、そのために御社に応募しました、と志望動機に話をすり替えるのが正解です。