「シフト制」の仕事についての話です。

看護師|シフトの仕事についての話なのですが、一定の曜日に仕事できる人を募集している求…

  • シフトの仕事に関する話なのですが、決まった曜日に勤務できる人を募集する求人を頻繁に見ますが、もし、応募しようと思っているなら休む方法やシフトの出し方については面接の際に尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、以前わたしは出産のため産休で休む人の助っ人として、正社員として勤めることになったのですが、私のシフトが土曜、日曜が固定シフトで新人の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。前にいた女性が「土曜、日曜」に必ず出られたので、私自身も出勤できる人として扱われてしまいました。ですから「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフト変更の必要があり上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私自身がお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日は一人だけなんて・・・。今思うとよく我慢してやってこれたと思います。
  • 看護師|転職とは、企業とのやりとりよりもどっちかというと「担当面接官」・・

  • スムーズに転職したい時は、企業そのものよりも、具体的には「担当面接官」とのやり取りが肝心といってもいいでしょう。しっかりと採用してもらうために、ゼッタイに普段通りを意識して焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。お見合いをする心構えで向かうと問題はありません。面接がはじまるとまずはじめにあなたの中身を評価されるのでマイナスな印象につながる態度は注意しぜったいに控えましょう。なおかつ社会人らしく綺麗に整った服装で向かいましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。魅力的な人物と感じてもらうことができたら、きっと転職活動はかなり楽になります。
  • 看護師|転職エージェントと転職サイトを使って、転職活動すること自体、一般化してきました。

  • 転職サイトや転職エージェントを通じて、転職活動を行う人はかなりいるはずです。しかしながら、ベストの転職先を探すにあたっては、同時に転職フェアに参加することをおすすめします。転職フェアでは、複数の企業が集まるので、そこに足を運ぶことによって複数の企業についての情報を得ることができ、それだけでなく、説明担当の企業スタッフから、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。転職フェアに参加する機会があれば、面接を受けるのと同じように良い印象を相手に伝えられるように意識しておきましょう。仮にフェアの中で、企業側から欲しい人材と思われれば、その後応募して面接の本番時に大きなアドバンテージになるでしょう。
  • 時間に融通が効くはずの派遣社員になっても好きなタイミングで退職できるわけではない…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、任意のタイミングで辞められるわけではないと、転職を通じて実感しました。私は新婚した後、生活に慣れたら早く子供を持ちたかったので、妊娠するまでと思い約1年半~2年ほど現在の会社でそのまま仕事したかったので就職しました。常勤ではなく派遣社員だったので、正社員より年収は少なかったですが、仕方なく時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。ところが、入社したあとに、一緒に働く人たちのほとんどが10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。なので派遣社員を選択したとしても、契約が終わってもすぐ辞められる雰囲気もなく、悩みが増えました。
  • 仕事を探している際に目を光らせることになる募集内容に関しては・・

  • 仕事を変えようと考えている時に注視する募集要項は、参考程度に、アバウトに載っている確率があります。ですから、そこに記載されていることは間違いのないものだと安易に信頼しないほうがいいと思います。その中でもとりわけ給与においては平均的な値なのか?最低限もらえる金額であるのか?最高額なのか?というような読みができない時が多く、自分の判断でわかったつもりでいると、後から嫌な思いをする事もあるでしょう。そんな訳で、悔いることのないように、募集内容はうのみにせずに、そのようなたいへん大切な事は会社に直接問い合わせた方が適切でしょう。
  • 看護師|転職するにあたって、失業保険受け取るための手続きをしなければいけません…

  • 転職する際、現在勤務している会社を辞める時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、もしも自らが希望して退職届を書いて会社を辞める、いわゆる「依願退職」のケースでは失業保険をすぐさま受け取れません。手続きをした後で失業が認定されてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして退社の1日後から3か月経過すればもらえると誤解している人がいますが、実際にそのような誤解をしてしまった人が、その結果ハローワークの保険担当者と揉めているのを見たことがある。なお、労働者側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するときは、失業認定を受けてすぐさま失業保険が給付されます。
  • もしもあなたが将来、転職したいと考えているなら、転職する前・・

  • もしもあなたが将来、転職したいと考えているなら、前もって資格を取得することで選択肢が増えます。また、在職中に資格を取っておくのがベストです。転職活動に有効に使えるので、選べる企業が増えることで選択肢が増えます。そういうわけで、在任期間中での資格取得がベストタイミングといえます。未来を見据えて、実際に役に立つ資格を取得しておくと、今の職場を離れたあとも心残りなく仕事を探せます。そして、資格を取得した後では、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接の際、戦力として使えるとみなされ、それまでの職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。