看護師転職

転職すると、高確率でそれまでの仕事の多くの記憶は美化されます。

仕事を変えた際には、高確率でそれまでの会社の仕事での大方は美化された記憶となります。実のところ今の職にダメな点があるから、前向きな思いで退職を決め、転職したはずなのに、時間が過ぎるとともになぜかわからないけれど新しい会社よりも「前の職場のほうがよかった」と思うことは多いです。
看護師転職

数ヶ月ほどまえに、転職したばかりであるにも関わらず…

ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまう選択してしまう人がとても多かったりします。何故そうなるのかと思うとたぶん心機一転、新しい環境で勤務を始めてみたものの、「自分自身の想像していた仕事と大きくかけ離れていた」「こんなはずではなかった」といったことで退職してしまうのだとか。
看護師転職

就労中は可能なかぎり同僚にバレないように(ちなみに私自身のと・・

在職中は可能ならば、社内の人間にバレないように(私の場合)雇用期間中に「転業するかも」という気持ちだけをはじめの時期に社内の人間に言ってみたことがありました。でも、それから、求人を必死に色々と見たものの、結局は転職先も転職時期すら無鉄砲に煮詰まっていないままあっという間に時が過ぎてしまい、その傍ら、会社のほうは、業務の引き継ぎや手続き、私の退職日などが続々と確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。
看護師転職

看護師|あなたが持つ現在のスキルを活かして転職を検討しているなら、…

自身のスキルや資格を活かして再就職したいと思っているなら、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルとそうでないものとを知っておいてください。転職がしやすい業界としては、慢性的に人材不足がいわれている「医療・介護」の分野がその最たる例です。それぞれ看護師・介護士の「資格」が必須なため、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。
看護師転職

看護師|再就職時の面接では、中小企業であれば、おおよそは、その社内の「人事」担当が面接官ですが、…

再就職の際に行われる面接というのは、小企業であれば、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、別のケースもあります。具体的には、今後共に仕事をする現場の担当者、言い換えれば課長や部長クラスが面接を担当する可能性も考えられます。特に、営業や事務といったカテゴリでは、資格での人の評価が難しいのできちんと自身をアピールしていくことが必要であり大事なことです。
看護師転職

新たな勤め先で今までに培ってきた資格やキャリアを活用できれ・・

新しく就いた仕事でそれまでのスキル・キャリア生かせたとしたら、即戦力として周囲から認められ、仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。それはつまり雇い主もそのような人材は常に必要なので、タイミングがうまく合えばわけなく採用されるでしょう。加えてかつての仕事内容と近い業務内容なら転職自体、難なく叶えられるでしょう。
看護師転職

好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は注意した方が良いです。

自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意した方が良いです。これは、私が経験したことなるのですが、私の場合、もともと食べることが本当に好きでそれが高じて、以前は、飲食店で勤務していた時期があります。そのレストランでの業務内容は、そのお店で任されていた業務は、簡単な盛り付け作業やホール業務でした。
看護師転職

転職先を探している期間は、自分の好きなことに没頭したり…

転職先を探している期間中は、自分の好きなことに打ち込むほか、体力を損なわない生活が良いです。勤務先が見つかり、いざ仕事を再開した際に、趣味に集中していたおかげで無意識のうちに集中しやすい体質になっています。また体力アップしているために、他の社員と比較すると疲れにくいということを認識することができます。
看護師転職

もしも転職することが、今勤めている会社の同僚たちがあなたの退職を知ると…

再就職の前に、今勤めている会社の同僚たちがあなたの退職を知ると雰囲気が一変するかもしれません。働く環境次第では、これまで通りに行くこともありますが、意地悪ややっかみのおそれもあります。ひどいケースでは、超過勤務をさせられることもあるので、安易に転職のことを口にするのはお勧めしません。
看護師転職

現在の仕事や職場に関して、ほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

今の勤め先や業務内容について大半の人は少なからず不満を感じていると思います。「自身のスキルや仕事での能力を正当に評価されていない」そして、「賃金は上がらず、昇格も出来ない」といった点を挙げる人が少なくありません。そんな不満を持つ人の中には、本人が自分自身の力量を実際よりも「過大評価」しているケースが少なくありません。
看護師転職

看護師|女性の再就職において、ここ最近と一昔前では若干の変化があったりします。

女性の再就職については、近年と一昔前では多少の変化があります。過去には面接のなかで、結婚の予定や結婚後の仕事などに関して、ごく当たり前に質問されることがほとんどでした。しかし、近年では、こういった内容は、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、質問しない企業、の方が増加傾向にあります。