看護師転職

転職すると、高確率でそれまでの仕事の多くの記憶は美化されます。

仕事を変えた際には、高確率でそれまでの会社の仕事での大方は美化された記憶となります。実のところ今の職にダメな点があるから、前向きな思いで退職を決め、転職したはずなのに、時間が過ぎるとともになぜかわからないけれど新しい会社よりも「前の職場のほうがよかった」と思うことは多いです。
看護師転職

新卒で採用された会社ですぐにきれる上司に悩みを抱えて…

新卒で採用された会社で嫌で反りが合わない上司に悩みを持ち、結局耐えることができなくなりその会社は辞め、同業者の他の企業へ移りました。その会社では会社に行くのが楽しくきわめて満足のいく日々でしたが、じわじわと会社の業績が悪化して、ある会社に経営統合されることになったのです。
看護師転職

看護師|将来に目を向け、楽しみを見出しながら転職と付き合っていけ・・

将来に目を向け、期待をもって再就職と付き合う事が出来れば、精神的な負担も軽減されるので、転職期間に堕落はしないですみます。またメンタル面が健全な状態のままであれば、割と早く転職先も見つけられるはずです。おすすめは、やはり、休職せずに新しい職場を見付けることが重要です。
看護師転職

看護師|転職する際、比較的重視されるのが「面接」です。

転職時、とても重視されるのがまぎれもなく「面接」である。通常の面接では、面接官が応募者に対して転職を決めた理由などまずは、こちらが質問される側となります。そして、面接が終盤を迎えるあたりで面接係員が転職者である面接者にたいして逆質問に切り替わります。面接担当の人から「なにか弊社で働くことについて、疑問に感じる点はありませんかね?」と尋ねてくれるわけです。
看護師転職

看護師|求人情報をチェックする時、例えば、事務系の仕事が希望だからと…

求人サイトを見る際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほど製造業を見逃してしまっていますが、そうした人の多くは「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と勝手な思い込みで認識している場合もあります。現に、製造業での求人であったとしても、現場作業者だけでなく、経理、総務などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」の役職も相当数あります。
看護師転職

失業保険の給付に関して、「就職活動」していることが条件になります。

実際に失業保険を給付してもらうためには、求職活動をしていることの証明が必要になりますが、しかしながら、現実的には「会社を辞めとりあえずはゆっくりと過ごしたい」と考えるのが正直なところでしょう。ですので、真面目に次の仕事先を探しているように思わせる方法があるので紹介します。
看護師転職

転職したいと考えている会社で見学などがあるととても勉強になります。

転職したい会社の見学ができれば、たいへん勉強になります。その中でも、「職人」さんがいる会社では、スキルを近くで見られるため、楽しくなります。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほぼ例外なく見学者には、実際の現場を見せることがまずありません。その最たるものが、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働です。
看護師転職

「就職エージェント」の大手ほど、潤沢な案件があるという魅力がありますが、…

就職エージェントの大手に限って、たくさんの案件がある反面、競合する転職希望者もたくさんいます。それゆえ気になる企業を見つけたとしても、転職エージェントの担当スタッフが望みがないと判断すれば応募してくれない場合もありますし、企業から見て自分よりも評価の高い人がいると、その人を優先することも考えられます。
看護師転職

看護師|もし転職を予定しているのなら、資格を取得することでステップアップできます。

もし転職される場合は、転職する前に資格を取るとステップアップします。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取得しておけば、転職活動にそれを生かせるので、次の仕事も見つけやすくなります。であるため、在職期間中に資格取得をするのがベストなタイミングです。未来を見据えて、実際に役に立つ資格を取得しておくと、会社を辞めた後も心残りなく仕事を探せます。
看護師転職

20代前半の時点で転職を2回し、そして今、資格をゲットする・・

これまで20代前半に転職を数回行い、今現在は資格を取得したいので「派遣社員」として働いています。フルタイム勤務ではないので給料は安くなりました。ですがその分、心と時間に大きな余裕が出来ています。もっと学生のときに資格を取得し、仕事に活かしたかったという思いもあります。
看護師転職

今のご時世では、株・不動産投資をはじめとした不労所得、または…

現在では、株式・不動産投資の不労所得、もしくは独立、起業等、そのような社会的変化もあるせいか、「起業はキケンだ」といった常識も変わりつつあります。高度経済成長期の際には先の見えない自営業よりも雇用されて働いているほうが大いに将来が安定していて、人生の正しい進路として、またそれが至極当然のことのように、世の中に認知されてはいました。